スポンサーサイト

  • 2010.05.29 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


国民新党が敏いとう氏擁立(産経新聞)

 国民新党の亀井静香代表は25日の記者会見で、夏の参院選比例代表に歌謡グループ「敏いとうとハッピー&ブルー」のリーダー、敏いとう氏(70)=本名伊藤敏=を擁立すると発表した。「敏いとうとハッピー&ブルー」は昭和46年結成。「わたし祈ってます」「よせばいいのに」などのヒット曲で知られる。

<日本絵本賞>大賞の嶋田さんら表彰(毎日新聞)
トキ、290キロ離れた福井に=放鳥以来最も遠く−環境省(時事通信)
普天間政府案、首相は月内一本化こだわらず(読売新聞)
<北海道開発局>違法組合活動4119人処分(毎日新聞)
足利事件再審 検察側が上訴権放棄(産経新聞)

“実践”訓練に緊張感 吹田・JR西「実習線」(産経新聞)

 JR西日本の社員研修センター(大阪府吹田市)で、事故の発生などに備えて社員が実践的な訓練をする「実習線」の改良工事が終了し、完成式と初めての訓練が27日、行われた。

 実習線は在来線用800メートルと新幹線用90メートルで、旧国鉄時代の施設を11億円かけて改良した。この日は、事故が起きた列車の運転士が発煙筒を持ち、線路上で後続の列車の運転士に停車するよう連絡する訓練を実施。小型車両を使った車両の連結や、線路の補修などの作業の訓練も行った。

 同社では昭和62年の民営化前後に、社員採用を抑制したため35〜44歳の中堅社員が全体の5%未満と極端に少なく、20代を中心とした若手社員への技能継承などが課題となっている。

 実習線の改良は、若手社員らが、自ら実践的な訓練ができる施設をつくろうと計画。既存の在来線や新幹線と同じ規格の路線をそれぞれ延長し、駅舎や信号機、遮断機を増設するなど、建設作業も訓練として行われた。

【関連記事】
和解条件の社員教育参画1度のみ 特急で負傷男性、JR西に憤り 
JR西 むなしい「精一杯の対応」
亡き長男が集めた鉄道切符見つかる JR脱線事故
神戸のJRで人身事故 入社式開始も遅れる
なるか企業改革 JR西、地域貢献や私鉄連携に活路

普天間移設問題で首相は「県外あきらめない」 福島氏は「県内」容認示唆(産経新聞)
足利事件あす判決 菅家さんに聞く「真実明らかに」(産経新聞)
<訃報>石井幸夫さん71歳=毎日新聞懇話会最高顧問(毎日新聞)
新型インフル GSK社製ワクチンの32%解約(産経新聞)
ハイチ「抗争や銃声に緊張」=PKO陸自1次隊長ら帰国−成田(時事通信)

<パ・リーグ>開幕 西武ドームに4000人が行列(毎日新聞)

 プロ野球のパ・リーグが20日、開幕を迎えた。日本ハム−ソフトバンク(札幌ドーム)、西武−ロッテ(西武ドーム)、オリックス−楽天(京セラドーム)の3試合が、いずれもデーゲームで行われる。

 好天に恵まれた西武ドームでは、自由席の良い場所を確保しようと、開場前から多くのファンが集結。開場30分前の午前10時の時点で、約4000人の行列ができた。

 三塁側入場口の先頭に並んでいた東京都東村山市の主婦、和田真紀子さん(47)は、家族3人で、この日未明の午前3時ごろから並んだという。「西武ファン歴はもう24年。毎年、開幕を楽しみにしている。若い力で日本一を目指してほしい」と胸を高鳴らせていた。

 セ・リーグは26日に開幕する。【安田光高】

温水プール建設、ごみ焼却場で爆発8人重軽傷 兵庫・姫路(産経新聞)
恵比寿RCの啓発漫画、全国に配本 ネットのわな、小中学生に警鐘(産経新聞)
「日医の改革」で小松氏ら論客3人が講演(医療介護CBニュース)
<阿久根市長>「大会出場禁止変更せよ」県立高校長に迫る(毎日新聞)
「日米同盟揺るぎなく継続」首相が防衛大卒業式で(読売新聞)

元専務、遺族集会で謝罪=JR福知山線事故−兵庫(時事通信)

 JR福知山線脱線事故の遺族らでつくる「4・25ネットワーク」の例会が21日、兵庫県宝塚市で開かれ、事故当時JR西日本の専務だった坂田正行氏が参加、遺族に謝罪した。JR西の元幹部が例会に出席したのは初めてという。
 例会は非公開。坂田氏は遺族の求めに応じて参加し、約20人を前に1時間半ほど話した。終了後、坂田氏は報道陣に「(事故から)5年間の思いを話した。一人でも多くの方におわびしたかったが、今まで勇気がなかった」と述べた。
 坂田氏は事故後、関連会社の社長に就任したが、遺族の批判を受け退任。現在はJR西の嘱託として被害者対応などを担当している。
 長男を亡くした木下広史さん(51)=同県三田市=は「具体的な話はなかったが、出てくることに意味がある。当時の役員と話せる機会が、やっと持てた」と話した。 

【関連ニュース】
重傷の近大生が卒業=「一日一日必死だった」
福知山線事故で初の整理手続き=JR西前社長、否認の意向
2000個、追悼のともしび=通行人も参加、福知山線事故
検察審査会、遺族から意見聴取へ=歴代社長の起訴可否検討
JR西日本、企業倫理委の社外メンバーは4人=23日に第1回開催

「検察官甲子園」で熱戦=高校生が模擬裁判−横浜(時事通信)
鳩山政権の日米同盟批判、陸自1等陸佐が異動に(読売新聞)
前原国交相 八ッ場ダムの湖面1号橋工事継続(毎日新聞)
組織改革、見直しに着手=防衛省(時事通信)
修学旅行生162人の名簿紛失=近ツー(時事通信)

海外ブランドや眺望すし店 関空出国エリアがリニューアル(産経新聞)

 関西国際空港の旅客ターミナルビルの国際線出国エリアが大規模改修され、「KIXエアサイドアベニュー」として15日、グランドオープンする。大幅リニューアルは平成6年の開港以来初めて。ほかの空港でも出国エリアの拡充が進んでおり、収益拡大につなげようと努力している。

 面積は約3770平方メートルから約5580平方メートルに拡張。「ティファニー」「コーチ」のほか、国内空港初出店の「スワロフスキー」など海外の人気ブランドショップや、空港を眺望できるすし店、カフェなどがオープンする。4月には、さらに4施設が加わり、全体で41施設となる。

 国内のほかの国際空港でも、出国エリア拡充は大きな流れだ。成田空港では18、19両年に2つあるターミナルの出国エリアを続けて改修。中部国際空港でも17年の開港時に比べ、現在は5施設を増加した。

 各空港関係者は、出国エリア拡充の理由を「テロの影響で保安検査が厳しくなり、空港に早めに到着する人が多く、旅客が出国エリアで過ごす時間が長くなったため」と口をそろえる。

 出国エリアの商業施設は、空港にとって大きな収益源となる。関空会社ターミナル営業部の担当者は「サービス向上はもちろん、収益向上も目指している」と語る。

 航空ジャーナリストの秋本俊二さんは「日本も空港を一つの街として発展させる発想になってきた。海外で成功している空港は、ショッピングなど非航空部門も活発に展開。出国エリアのリニューアルは関空の活性化にとって、必要不可欠だ」と話している。

NEC元部長の過労自殺認定=「過重業務でうつ病」−東京地裁(時事通信)
“電光石火”…日本滞在わずか22時間 ティファニー強盗犯、足取り判明(産経新聞)
慢性の痛み、薬の大半が適応外使用―明細書発行に懸念も(医療介護CBニュース)
治験・臨床研究の活性化に向けてセミナー開催―製薬協(医療介護CBニュース)
「供給過大」の訴え退ける=府相手の基本水量訴訟−京都地裁(時事通信)

「人間関係イライラ」患者の肋骨折る 看護師逮捕(産経新聞)

 兵庫県佐用町の佐用共立病院に入院中の高齢患者6人が肋骨(ろっこつ)を折られていた事件で、県警捜査1課と佐用署は11日、女性患者=当時(85)=に対する傷害容疑で、同病院の看護師、羽室沙百理容疑者(26)=同町山脇=を逮捕した。県警によると「同僚との人間関係にイライラしてやった」と供述、6人全員を骨折させたことを認めているという。

 逮捕容疑は昨年1月13〜19日、女性の胸部を圧迫するなどの暴行を加え、肋骨骨折のけがを負わせたとしている。

 県警によると、被害女性は肋骨24本のうち19本が折れていたといい、羽室容疑者は「全身の体重をかけるように押したら(骨が)折れた」と供述しているという。

 佐用共立病院では平成20年12月〜21年1月の間に、当時75〜99歳の男女6人の肋骨が折れていることが相次いで発覚。6人はいずれもその後死亡したが、司法解剖などの結果、死因は肺炎などで骨折との因果関係はないとみられている。

 羽室容疑者は18年9月から同病院に勤務。19年4月から11カ月間は別の病院に移っていたが、20年4月から同病院に戻っていた。

【関連記事】
奈良・山本病院死亡事件 ずさんな手術、動機は不可解
介護疲れ認め猶予付き判決 傷害致死の裁判員裁判
患者つめ切りで元看護課長 二審も無罪主張
妻殴り死なせた疑い、74歳夫を逮捕 函館
母の頭を畳に打ち死なせた容疑で男逮捕 静岡
20年後、日本はありますか?

自宅から大麻、コカイン押収 JAYWALK・中村容疑者(産経新聞)
列島荒れ模様、近畿北部30センチ積雪の予想(産経新聞)
日赤が医療チーム派遣=チリ大地震(時事通信)
兵庫・明石のJR新快速で人身事故 1万400人に影響(産経新聞)
雪・強風JR直撃、3千人が一時車内缶詰めも(読売新聞)

<奈良公園>雌ジカの左腹にボーガンの矢 重傷(毎日新聞)

 13日午前10時10分ごろ、奈良市の奈良公園内にある春日大社の表参道で、ボーガン(洋弓)の矢が刺さった雌ジカがいるのを参拝客の男性が発見した。シカは保護され、矢は抜かれたが重傷。奈良公園一帯のシカは国の天然記念物に指定されており、奈良県警奈良署は文化財保護法違反(天然記念物のき損)容疑で捜査している。

 同署によると、被害にあったシカは10歳ほどで、体長約130センチ、約44キロ。矢は鉄製で、全長約52センチのうち約24センチが左腹に刺さっていた。

 シカを保護している「奈良の鹿(しか)愛護会」によると、03年にボーガン、08年には漁具のヤスが刺さったシカが見つかっている。同会総務課の福本千春さん(28)は「抵抗できない弱い立場のシカをあえて攻撃するのは残念。早く元気になって公園に戻ってほしい」と話している。【大森治幸】

【関連ニュース】
雑記帳:エゾシカ、列車に追われてトンネルに
雑記帳:エゾシカ使った新メニューで目黒選手を応援
富山市ファミリーパーク:シカとライチョウ、仲間入り /富山
有害鳥獣:イノシシ、シカ処理場完成 肉を3直売所に卸す−−みやこ町 /福岡
鳥獣害防止:イノシシやシカおいしく食べて 料理教室に主婦ら16人−−名張 /三重

オウム給付金、8割が申請=後遺障害は想定の4.6倍−警察庁(時事通信)
自公両党、31日の党首討論要請へ(産経新聞)
日弁連会長に宇都宮氏、路線転換訴え主流派破る(読売新聞)
景気判断、上方修正へ=月例報告で8カ月ぶり−政府(時事通信)
酒気帯び運転 容疑で医師逮捕 奈良(産経新聞)

<民主>参院選愛知選挙区に安井美沙子氏擁立(毎日新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長は9日、名古屋市で記者会見し、参院選愛知選挙区(改選数3)に民間シンクタンク「東京財団」研究員の安井美沙子氏(44)を擁立すると発表した。すでに前愛知県教員組合執行委員長の斎藤嘉隆氏(47)も公認しており、同選挙区の民主候補は新人2人となる。

政労が4月上旬トップ会談で調整 雇用問題めぐり政策協議(産経新聞)
トルコ人の東大助教が論文盗用、博士号取り消し(産経新聞)
公共事業費の大幅削減、国交相と民主議員が激論(読売新聞)
天下り企業「丸抱え」 スプリング8、運営財団 取引年十数億(産経新聞)
観光大使委嘱に「最高にうれしい」=歌手のAIさん−鹿児島〔地域〕(時事通信)

<雑記帳>応援を電気に変換 スタジアムで「床発電」 神戸(毎日新聞)

 神戸市のホームズスタジアム神戸で7日にあったサッカーJ1、ヴィッセル神戸対京都サンガ戦で、応援の振動を電力に変える「床発電システム」が試みられた。

 神戸側ゴール裏の12席で、サポーターの足元にそれぞれ40センチ四方の発電シートを設置。試合中、跳ねるなどの熱烈な応援で生じた電気を蓄積し、専用の掲示板に表示した。

 発電量は一般家庭の1日の使用量を少し下回る8400ワット。今後、売店などで利用する。サポーターは「力強い応援は試合の盛り上げだけでなく、エコにもつながる」。【米山淳】

【関連ニュース】
手作り太陽光発電を贈ろう ナイジェリア大使も視察
太陽電池:変換効率の向上競争激しく
甲子園球場:「銀傘」に太陽電池パネル設置 エコ球場へ
ソーラー飛行機:2年後に世界一周に出発 スイス人が挑戦
エネルギーの優等生ではあるけれど・・風力発電を建てる前に

水増し増資容疑、元トランス社役員を逮捕(読売新聞)
新幹線「脱線防止ガード」を公開=大地震に備え140キロ整備−JR東海(時事通信)
シベリア鉄道の車窓から ネットで楽しむ旅(産経新聞)
橋下知事 「大阪市以外は皮」 府をまんじゅうに例え…(産経新聞)
<日比谷線>事故から10年 関係者が冥福祈る(毎日新聞)

朝鮮学校など視察=高校無償化で−衆院文科委(時事通信)

 高校の実質無償化法案を審議している衆院文部科学委員会は3日、無償化の対象に含めるかが焦点となっている朝鮮学校などの各種、専修学校を視察した。田中真紀子委員長は視察後、記者団に「できるだけいろんな情報を聞いて多角的、総合的に結論を導き出したい」と述べ、今後の法案審議で参考人質疑を行う意向を示した。
 視察先は、東京都内の東京朝鮮中高級学校と世田谷区医師会立看護高等専修学校、横浜市内のドイツ人学校の東京横浜独逸学園。東京朝鮮中高級学校では、朝鮮学校も高校無償化の対象とするよう鳩山由紀夫首相に求める約5000人分の署名を生徒が田中委員長に手渡した。 

【関連ニュース】
鳩山首相、「制裁」絡みの否定に躍起=朝鮮学校を無償化から除外
朝鮮学校除外「検討」を明言=首相、高校無償化で
鳩山首相、朝鮮学校除外を示唆=「指導内容見えぬ」

<完全失業率>4.9% 0.3ポイント改善 1月(毎日新聞)
また虐待死…4歳次男に食事与えず放置 容疑の両親逮捕(産経新聞)
<前原国交相>計器着陸装置を順次更新、羽田の濃霧欠航受け(毎日新聞)
「伊丹空港廃止」をめぐり5決議案 府議会会派、足並みバラバラ(産経新聞)
<売上高水増し>容疑のニイウスコー元会長ら2人再逮捕(毎日新聞)

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
リンク
即日現金化
パチンコ攻略
クレジットカード現金化 比較
債務整理・自己破産
クレジットカード現金化
selected entries
archives
recent comment
  • 警部補を条例違反で逮捕=女子高生にわいせつ行為―新潟県警(時事通信)
    カナ (08/27)
  • 警部補を条例違反で逮捕=女子高生にわいせつ行為―新潟県警(時事通信)
    とろろいも (01/16)
  • 警部補を条例違反で逮捕=女子高生にわいせつ行為―新潟県警(時事通信)
    桃医 (01/10)
  • 警部補を条例違反で逮捕=女子高生にわいせつ行為―新潟県警(時事通信)
    ソルバルウ (01/03)
  • 警部補を条例違反で逮捕=女子高生にわいせつ行為―新潟県警(時事通信)
    きんちゃん (12/18)
  • 警部補を条例違反で逮捕=女子高生にわいせつ行為―新潟県警(時事通信)
    ちょーたん (12/13)
  • 警部補を条例違反で逮捕=女子高生にわいせつ行為―新潟県警(時事通信)
    ちんたまん (12/05)
  • 警部補を条例違反で逮捕=女子高生にわいせつ行為―新潟県警(時事通信)
    さもはん (11/26)
  • 警部補を条例違反で逮捕=女子高生にわいせつ行為―新潟県警(時事通信)
    XXまるおXX (11/21)
  • 警部補を条例違反で逮捕=女子高生にわいせつ行為―新潟県警(時事通信)
    ぱたぱた (11/07)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM